スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

栗ご飯

以前の記事で書いたんですが秋の味覚の栗を買いました
まったくもって眠れなかったので朝5時から栗ご飯を作る準備を進めてみました。


栗ご飯_01
まずは栗を熱めのお湯に付けて皮を柔らかくしてむきやすくします。
熱湯につけると取り出す時に大変になると思ったので
水を半分いれてから熱湯を半分いれて少し置いておきました


栗ご飯_02栗ご飯_03
まずは一つ取り出して包丁で軽く切り目を入れます。
すでに皮が柔らかくなっているので
外の指で簡単に鬼皮は簡単に向けました。
そこからは包丁で削ぎ落とすように渋皮を剥いていきます。

途中気付いたのですが浮いている栗は
中身がおかしな事になっている可能性が100%でした。
水を付けるっていうのは見分ける意味もあったのかな


栗ご飯_04
そこから延々黙々と鬼皮・渋皮を剥く事…1時間半。
多少渋皮が残る味のある仕上がりですが完成


栗ご飯_05栗ご飯_06
もち米を研いだ後上に栗を乗せて水を入れます。
炊飯スイッチを押す事…1時間。


栗ご飯_07

完成


何やら良い匂いがして食欲をそそられますが
弁当箱に詰め込もう。

…と思ったけど弁当箱がどこを探しても無かったので
保存用にタッパに詰め込んで会社に行きました


栗ご飯_08
会社の昼ご飯にタッパを開けていざ

『いただきます

美味しい~
やはり栗ご飯は美味しかった。
今回は380円の栗だったのですが、
次は1200円もしくは1800円の栗を買ってみよう
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

Keyword : 吉祥寺 栗ご飯

コメントの投稿

Secret

検索フォーム
Twitter
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。