スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つけ麺ジョージ

つけ麺ジョージ_001つけ麺ジョージ_002
麻辣商人のあった場所につけ麺ジョージってお店が出来ていました。
業務変更でお店が変わったようでカウンター席の配置や食券機の場所が
麻辣商人の時のままだったので迷うことが無くて楽でした

メニューは以前の記事にも少し書いたんですが

全卵麺ジョージ  並盛200g  750円
全卵麺ジョージ  大盛300g  850円
全卵麺ジョージ  特盛400g  850円 
全卵麺ジョージ  メガ盛600g 1000円 

全卵麺ナターシャ 並盛200g  750円
全卵麺ナターシャ 大盛300g  850円
全卵麺ナターシャ 特盛400g  850円 
全卵麺ナターシャ メガ盛600g 1000円 

全卵麺エリック  並盛200g  750円
全卵麺エリック  大盛300g  850円
全卵麺エリック  特盛400g  850円 
全卵麺エリック  メガ盛600g 1000円 

極太麺ジョージ  並盛200g  750円
極太麺ジョージ  大盛300g  850円
極太麺ジョージ  特盛400g  850円 
極太麺ジョージ  メガ盛600g 1000円 

極太麺ナターシャ 並盛200g  750円
極太麺ナターシャ 大盛300g  850円
極太麺ナターシャ 特盛400g  850円 
極太麺ナターシャ メガ盛600g 1000円 

極太麺エリック  並盛200g  750円
極太麺エリック  大盛300g  850円
極太麺エリック  特盛400g  850円 
極太麺エリック  メガ盛600g 1000円 

トッピング
 ご飯  100円
 温玉  100円
 メンマ 100円
 野菜盛 150円
 焼豚  300円
 ビール 350円

全部の組み合わせを書くと多いんですが
2種類の麺と3種類のスープの組み合わせで量の違いのみなので
全部の味を食べるのは簡単にできそうです

麺を茹でるのに全卵麺は4分で極太麺は7分との事です。

twitterで教えてもらったんですが
つけ汁はジョージ(豚骨味)、ナターシャ(ベジタリアン)、エリック(ホタテの旨み)
という違いだそうです。


つけ麺ジョージ_003つけ麺ジョージ_004
カウンター席には水とコップとスープ割りが置いてあります。
調味料は鰹節のような物が置いてましたが、
入れ物がフタが無いタイプなのでなんとなく気になって使いづらい。

今回頼んだのは  全卵麺ナターシャ 特盛400g です。
いまいちグラムで書かれても量が判らない上に大盛と特盛で値段が同じなので
特盛を頼み待っていると…


つけ麺ジョージ_005
つけ麺が届きました
思っていたよりも特盛の量が多くて器からこんもりと出ています

それでは

いただきま~す


つけ麺ジョージ_006つけ麺ジョージ_007つけ麺ジョージ_008
麺は全卵麺なんですが結構太めで大ボリューム
つけ汁と具は別のお皿で出てきて、具には

チャーシュー
メンマ
ねぎ
のり
トマト

でした。つけ汁は豚骨ベースだからかな白いつけ汁で綺麗です
つけ麺の正確な食べ方が判らないので、とりあえずは麺のみで食べてみました。
全卵麺っていうのが普通の麺とどういう違いがあるのかは
次回極太麺を食べた時に書きます

次に具材を全てつけ汁に入れてさらにそこに麺を絡めて食べてみました
良かったらお使いくださいとタバスコを店員さんが持ってきてくれたんですが
どこに使うのかなつけ汁に入れるのかな


特盛は量が多くてお得だと思ったんですが
つけ麺の食べ方を間違ったのからか、最後の方はつけ汁が少ししか残っていなくて
麺の量が多いからどうしてもつけ汁が冷めてしまって、後半食べるのがきつくなってしまいます。
並盛で頼んでつけ汁が温かい内に一気に食べた方がより美味しさを味わえると思います。


つけ麺ジョージ_009
ごちそうさまでした~

ナターシャ(ベジタリアン)は割とあっさりしてたような気はします。
サラサラとう印象が残るつけ汁で薄味のようでした。
作り上しょうがないけどつけ麺でつけ汁が冷めづらい食べ方は無いのかな
あつ盛くらいかな
それが何とかなればメガ盛とかでも頼んでみたいな。


とりあえず次は基本っぽジョージを食べてみよう



にほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : お店紹介
ジャンル : グルメ

Keyword : つけ麺ジョージ

コメントの投稿

Secret

検索フォーム
Twitter
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。